スキップしてメイン コンテンツに移動

国立大学法人法「改正」案の問題点①:隠蔽された立法事実

 

 法律の制定や改正にあたっては、その必要性や正当性を根拠づける立法事実を明確に示すことが必要である。さもなければ、行政権の担い手たる内閣が朝令暮改をくりかえして法的安定性を損ないかねないからである・

 今回の国立大学法人法「改正」案の前提となる立法事実はどのようなものなのか。

 驚くべきことに、法案の説明にはどこにも立法事実が示されていない。 

 公表された法律改正の「理由」には、ただ「国立大学法人等の管理運営の改善並びに教育研究体制の整備及び充実等を図るため」とだけ書いてある(「国立大学法人法の一部を改正する法律案(案文・理由)」)。このような「理由」で法律を改正できるのならば、どのようなことだってできてしまう。

 本来ならば、「国立大学法人等の管理運営の改善並びに教育研究体制の整備及び充実等を図るため」になぜ「一定規模」以上の国立大学に「運営方針会議」なるものを設置しなくてはならい理由を物語る立法事実を示す必要がある。

 もっとも今回の「改正」にいたる経緯まで含めてみるならば、立法事実として理解できる事実がないわけではない。それは、学長による不正行為、法令違反、独断専行などを牽制する必要があるということである。ただし、政府・文科省にとって都合が悪いものであるために隠蔽されているといわざるをえない。

 従来、学長が役員会などの議を経て決めることになっていた予算・決算を新設の運営方針会議が決めることになっていることや、運営方針会議が学長へ改善措置を要求できるという法案の立てつけからもそれは明らかである。

 実は、同様の趣旨での国立大学法人法「改正」は2021年にも行われている。

 この時には従来の学長選考会議を学長選考・監察会議として学長への監督機能を強化するとともに、文科大臣の任命する監事に対して「学長に不正行為や法令違反等がある」と判断したときに学長選考・監察会議に報告する権限を与えた(「国立大学法人法の一部を改正する法律案(概要)」)。

 さらに、この時に衆議院調査局文部科学室が作成した「国立大学法人法の一部を改正する法律案(内閣提出第44号)」に関する資料」(2021年4月)においては、「学長への牽制機能」という言葉を用いて提案理由を説明している。すなわち、2014年の学校教育法および国立大学法人法の改正により「学長が最終決定権者であること及び教授会が議決機関ではないことを明確化」した。「このように学長のリーダシップが強化され、戦略的に大学をマネジメントできるガバナンス体制をの構築が進む一方で、学長選考会議の有する学長等の牽制機能が十分に発揮できていない状況である」。

 平たく言えば、2014年の法改正により学長の権限を強化しすぎたために、学長の「不正行為や法令違反等」が生じることになった。そこで、文科大臣の任命する監事の権限を強化して、いわば「上から」学長を牽制することが必要になったということである。

 この時に大学教員有志のネットワークとして、学長の「不正行為」や「法令違反」という事実認識を共有しながらも、学内の構成員による「下から」の牽制機能こそが必要なのだという立場から法案の廃案を求めた(「学長選考会議の権限強化に反対します―これ以上、大学を壊さないでください!」)。

 今回の「改正」案は、学長選考会議と監事の権限強化に加えて、さらに運営方針会議の設置によって学長を統制しようとするものであるから、2021年「改正」案のさらに屋上屋を架すものといえる。

 だとすれば、その前提となる立法事実は、学長の権限強化により「不正行為」や「法令違反」を犯す学長が出てしまったということを含むはずである。

 日刊工業新聞社論説委員兼編集委員である山本佳世子氏によるコメントは、この解釈を補強する。山本氏は今回の「改正」案にかかわるコメントにおいて「政府がこの措置をとったことで、国立大学長の独断専行に牽制をかける、運営方針会議の仕組みは早急に浸透するのではないか」と記している(「指定国立大と国際卓越研究大の中間!?、東大・京大など対象「特定国立大学」とは」『ニューススイッチ』2023年11月2日)。

 すなわち、運営方針会議の設置は「国立大学長の独断専行に牽制をかける」ことだと述べているわけである。今回の運営方針会議の構想が国際卓越研究大学にかかわるガバナンス改革のなかで生まれてきたことは明らかであり、山本氏が文科省の「世界と伍する研究大学の実現に向けた制度改正等のための検討会議」の委員でもあった以上、これは制度設計にかかわった者の解釈として重みを持つ。

 以上をふまえて、国会審議で次のようなことを問うべきである。

  • 今回の「改正」案の前提となる立法事実はどのようなものであるのか?
  • 今回の「改正」案の前提となる立法事実として、2021年の法改正時と同様に「学長の不正行為や法令違反等」が含まれているという理解でよいのか?
  • 今回の「改正」案において運営方針会議設置を打ち出した理由には、「学長の不正行為や法令違反等」や、「学長の独断専行」に対する「牽制機能」を持たせるという意味を含むという理解でよいか?
  • 「学長の不正行為や法令違反等」や「学長の独断専行」とは具体的にどのような事実を指しているのか?
  • 「不正行為」「法令違反」「独断専行」の原因は、2014年の学校教育法・国立大学法人法の改正とみるべきではないか?
  • 政府・文科省は学長の「不正行為」「法令違反」「独断専行」を犯す学長をむしろ守り、育ててきたのではないか?わたしたちは、その具体的なケースを豊富にあげることができる。このそれぞれについてどのように認識しているのか?
  • 「不正行為」「法令違反」「独断専行」をただすためにはむしろ「下から」の牽制を可能にするために、大学構成員の半数以上の賛同による解任発議のような仕組みをつくるべきではないか?
  • 2021年の法改正では、学長自らが学長選考会議の委員に加えることができるとしているのに対して、「牽制されるべき学長・理事が学長選考会議に関与することが可能となっている」のはおかしいという半田から、学長を委員に加えることができないようにすると定めた。ところが、今回の「改正」案では「運営方針会議は、運営方針委員3人以上と学長で組織する」と定めている。なぜ牽制されるべき学長が、運営方針会議の委員となりうるのか?これは2021年の法改正時の説明と矛盾しないのか?
  • 2021年の法改正の際の参議院附帯決議では「学長選考・監察会議の運営にあたっては「大学の自治を尊重し、多様な意見を持つ教職員・学生等を含む学内外のステークホルダーの理解を得られるよう努めること」(第一項)と記している(「参議院文教科学委員会附帯決議」2021年5月13日)。運営方針会議委員が文部科学大臣の「承認」を必要とするというのは定めることは「大学の自治」の侵害となるのではないか?教職員・学生など学内のステークホルダーが運営方針会議委員の解任を認めたときに、構成員の半数以上の参道により解任は発議できる仕組みをつくるべきではないか?
  • やはり2021年の法改正の際の参議院附帯決議では、「中期目標・中期計画の策定にあたって国は「国立大学法人の自主性・自律性の発展を尊重する」観点から「事前の規制にならないよう十分に留意すること」(第六項)と規定している。文部科学大臣の承認を受けた運営方針会議委員が中期目標・中期計画を決定する権限を持つ回の法案は、この附帯決議を踏みにじるものではないか?説明せよ。
  • 今回の「改正」案が独断専行に歯止めをかけるというよりも、むしろ拍車をかけるものではないか?ただ文科省の意向に忠実な独断専行を求めるものではないか?

コメント

このブログの人気の投稿

法案の問題点を解説したチラシをつくりました!拡散にご協力ください。

法案の問題点をわかりやすく記したチラシができました!特に学生のみなさんとのかかわりに注目して法案の問題点をまとめてみました。 下記のフォルダから自由にダウンロードして印刷して使ってください(もしも連絡先の追加などデータの一部を改変したいという場合には、trans.university.network@gmail.comお問い合わせください。) https://drive.google.com/drive/folders/16OLdNMaB6w26TWq8-2dET8eg1EjJAnIf?usp=sharing (裏面のテキスト) 大学での多様な学びの保証を求めます! 大問題:大学の「自治」はすでに瀕死状態 ■大学は誰のもの?  国立大学が法人化されてから、そろそろ20年です。国から下りてくる大学運営金(運営費交付金)が減額され、10年近くかけて1割以上カットされました。これからもカットは続きます。学長を選ぶとき、学生の意見を反映する仕組みがないということが、そもそも大問題ですが、教職員の意見ですら、聞いたフリだけしてスルーされる。政財界の意向が一番になりつつある。国が勝手に決めた目標を達成できたかどうかで、国から下りてくるお金が増減するので、学長は文科省の意向を忖度する。株式市場やベンチャー企業に投資したり、企業から投資を受けて「稼げる大学」になれというプレッシャーが重くのしかかる。 ■「改正」で学びの環境は?  今回の改正案で、これまでは文科大臣の認可が必要であった大学の土地の貸し付けが、届け出だけで可能になります。大学は土地でも「稼げ」、という方針です。土地貸付で国立大学法人が利益をあげ、企業側も「有効利用」できれば、Win-Win? 学生のことはどこに?  企業に貸し付けた方が「稼ぎ」になるからと、学びの場としての大学に絶対なくてはならない、だけど短期的には利益を上げられない施設やサービスが、真っ先に犠牲にされるのでは? ■学びの環境があぶない  国立大学が、現時点の規定でできる範囲で「稼ぐ」方法が、クラウドファンディング。革新的な取り組みのためではなく、学びに不可欠なものが対象に!本来は大学が全力で守るべきものでは?  実際の例)   金沢大学が老朽トイレ改修にかかる1億円の一部   筑波大学附属図書館の図書購入・運営費用  安心に暮らせる寄宿舎、心と身体の

11月14日(火)11時半より緊急院内集会「火を消し止めるなら今だ!」を開きます。ぜひご参加を!

[ 配布資料 ]  💥 火を消し止めるなら今だ! 💥 ― 未来世代にツケを回すな!国立大学法人法「改正」案を廃案に 日時: 2023 年 11 月 14 日(火) 11 時半~ 13 時(開場は 11 時) 場所: 衆議院第2議員会館 ・多目的会議室( 141 名収容、立憲民主党白石洋一議員の紹介) 発言(予定): 立憲民主党柚木みちよし議員、立憲民主党白石洋一議員、立憲民主党蓮舫議員、日本共産党宮本岳志議員ほか野党議員の方々に発言いただくとともに、それぞれの大学の垣根を越えて、大学の研究・教育の現場にある者の声を伝える予定です。 主催 :大学フォーラム(大学の危機をのりこえ、明日を拓くフォーラム)、大学横断ネット(「稼げる大学」法の廃止を求める大学横断ネットワーク) 共催 :日本科学者会議、東京地区大学教職員組合協議会 協賛 :全国大学高専教職員組合 連絡先 :trans.university.network@gmail.com 申込:申し込みは締め切りました。 趣旨: 「 水はいきなり煮え湯にならない。火を消し止めるなら今だ 」。日本学術会議問題への政治介入にかかわる作家・ 村山由佳さんのつぶやき です。 すでに大学はぐつぐつと煮え立ち、教職員も学生もゆでガエルとなり始めています。国立大学の場合、 2004 年の法人化とともに中期目標・中期計画にもとづいて運営することになりましたが、近年では政府・文科省の定めた「数値目標」を中期計画に取り入れ、その達成度により予算が増減されるようになりました。「数値目標」の設定はたぶんに恣意的であり、学生へのマイナンバーカードの普及率まで含まれます(「 デジタル社会の実現に向けた重点計画 」閣議決定2023年6月9日)。予算獲得のために政府の意向を忖度せざるをえない学長・役員層と、教育・研究の現場にある者の亀裂が深まっています。 大学が活力を取り戻し研究力を高めるためには、学内におけるボトムアップな意思決定の仕組みを再構築することこそ必要です。それにもかかわらず、今回の「改正」案はその逆 、文科大臣の承認を要する運営方針会議委員に中期目標・中期計画の決定権まで与えるとしています。運営方針会議には学長の解任を発議する権限すら認められます。 2020 年には 文科大臣が北海道大学の名和豊春総長(当

賛同者 1849名(5月16日 20時現在)

相澤絢子(フリーランス(音楽、校正)),藍沢雄貴(東北大学学生、ハラスメント防止学生団体EquAll所属),会津泉(多摩大学情報社会学研究所主任研究員),粟生田忠雄(新潟大学助教),青木一政(NPO法人市民放射能監視センター副理事長),青崎百合雄(専門学校学生),青山茂生(有限会社ソフトスミス代表),青山秀子(会社員),赤海勇人(一橋大学大学院社会学研究科修士課程一年),赤坂珠良(市民),赤羽根崇大(フリーター),赤羽目匡由(東京都立大学人文社会学部),AkikoCarlton(UONPtyLtd,GM),秋葉ちよ(北海道教育大学札幌校言語・社会教育分野社会専攻),秋林こずえ(同志社大学教授),秋元孝文(甲南大学),秋山博子(焼津市議会議員),浅井幸子(東京大学大学院教授),朝岡晶子(日本共産党学術・文化委員会),朝倉輝一(東洋大学),浅田明(信州大学名誉教授),浅見みどり,芦刈健人(京都大学学生),安次嶺沙友希(会社員),安達誠(中学校教員),阿知良洋平(室蘭工業大学准教授),熱田敬子(ジェンダー、社会学研究者),東公美子(会社員),阿南陽子(主婦),穴山朝子(情報通信医学研究所主幹研究員),姉崎洋一(北海道大学名誉教授),阿比留磨莉(会社員),阿部英之助(大東文化大学),阿部治(立教大学名誉教授),阿部公彦(東京大学教授),安部竜一郎(早稲田医大学非常勤講師),天野達志,天野知幸(京都教育大学教員),網野恵美子,新井秀明(横浜国立大学名誉教授),荒井明夫(大東文化大学(教授)),新垣美紗(自営業),荒木潤(私立中学校教員),荒木典子(非常勤講師),有馬誉夫,有光道生(慶應義塾大学教授),有元伸子(広島大学教授),安藤哲也(会社員),飯川遥(一橋大学社会学研究科修士課程学生),飯田淳子(川崎医療福祉大学教授),飯田駿介(京都大学学生),飯田真一郎(台湾淡江大学大学生),飯塚靖(下関市立大学経済学部教授),井垣昌(早稲田大学非常勤講師),五十嵐ジャンヌ(東京藝術大学などで非常勤講師),五十嵐尤二(新潟大学名誉教授),井川義次(筑波大学教授),生田周二(奈良教育大学名誉教授),池内了(総合研究大学院大学名誉教授),イケガミアツコ(派遣),池上素子(パート),池尻陽子(関西大学准教授),池田麻美,池田丈佑(富山大学教員),井崎敦子(介護職),石井拓児(名古屋大学教授),